U-24日本代表、先制弾を喜ぶ林大地「歩夢から良いボールがきた。FWなので、決めるのが責任」

スクリーンショット 2021-03-30 7.11.04

1: 2021/03/29(月) 22:00:21.77 _USER9

【U-24日本 3-0 U-24アルゼンチン SAISON CARD CUP 2021】

 U-24日本代表は29日、SAISON CARD CUP 2021でU-24アルゼンチン代表と対戦した。試合は3-0でU-24日本代表が勝利した。FW林大地が喜びのコメントを残している。

 林は45分、DF瀬古歩夢のロングフィードに抜け出して、先制点を決めた。決勝点を振り返って林は「歩夢から良いボールがきた。FWなので、決めるのが責任」と得点を喜んだ。

 ゴール以外にも存在感を示した林は「チームのために走るというのは心がけていること。チームのために少しは走れたかなって思います」と述べている。

 林は堂安律の負傷による追加招集で呼ばれた選手。この日の活躍は、五輪行きへのアピールになるかもしれない。それでも、「そうなればうれしいですけど、一日一日大切に。毎日日々の積み重ねを大事にして過ごしていきたいです」と、地に足をつけている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/24e661a64e7e3e0301d1868f3c4afea3f35ff781
3/29(月) 21:55配信


続きを読む

Source: Samurai GOAL
U-24日本代表、先制弾を喜ぶ林大地「歩夢から良いボールがきた。FWなので、決めるのが責任」